事故について7

これから高齢化が加速する日本において、高齢者の車の事故はますます増えていくと思います。事故を起こした当事者の話で「アクセルとブレーキを踏み間違えた」「気が付いた時には遅かった」など、本人の認知力が欠如していることによる事故が多いと感じます。このような声を聴く度にやり場のないなんとも言えない気持ちになります。決してそれでは仕方がないと片づけられることではないと思います。事故を起こした方のほとんどは「自分は大丈夫」と思っていたことでしょう。不安な方であれば免許の返納をしているはずです。周りに返納を促されても大丈夫と言って乗っていたとニュースで聞いた時には、もう強制的に返納させるしかないのでは、と感じました。
強制的に返納が必要か判断するにはお金も人員も必要になると思いますが、国は施策を行って二度と悲しい事故が起こらないようにするべきだと感じます。60歳になった歳に免許証を持っている人は必ず教習所のようなところで再度技能試験のようなものを受けて、不合格であれば免許を返納する、など法律で決めて高齢者から強制的に免許証の取り上げをするべきだと思います。身分証として必要であれば運転経歴証明書をだせば事足りると思います。
地方に住んでいて車がないと不便という方もいると思いますが、買い物等であれば今やネットスーパーなど宅配してもらえるものも多いです。免許返納者は配達料無料、国が補助をするなどの処置もいいと思います。サポートする体制を整えて運転しなくていい環境を作るべきだと考えます。
全国で一気には無理でも、まずは車がなくても交通の便がある都市の在住者から始め、安心して外に出られる社会にしてほしいと心から思います。

事故について6

高齢ドライバーが減らないのは、車がないと行動範囲が狭くなり不便ということが一番に挙げられると思います。車以外の交通機関が発達していない地域では特にそうではないかと思います。また、高齢になると、注意力や判断力などが若い頃に比べて鈍くなってくるのですが、それを認めたくない気持ちも強くある方が、自分の危険運転に気づかなかったり免許の返納に応じない場合が多いのだと思います。
地域開発等で新しい施設などがどんどん出来ています。それにより新しい道も増えています。高齢の方になるほど、そういう環境の変化にもついていけない場合が多く、逆走や一時停止をせず白線を飛び出して停止するなどの行為が見られ、そういう危険運転が事故に繋がっているのだと思います。
最近では、幼稚園児の列や幼稚園児が遊んでいる公園に車が突っ込むという事故があったばかりです。50代、60代の方が起こした事故です。この年齢は今では高齢とは呼ばないかもしれませんが、予備軍ではあります。事故を起こした方は、「よく見ていなかった」「勝手に急発進した」と言われているそうですが、命に関わっている事故にそのような言い訳は通じません。年齢関係なく、事故が起きる危険性はどこにでもあります。しかし、年齢が上がるにつれて、注意力や判断力の低下による運転の怖さを知らなければならないと思います。高齢者が起こす事故は社会問題であり、それに対する対策が行き届いていないのも事実です。家族が免許返納を促しても本人が納得しなければ、平行したままになります。こうならないためにも、決まった年齢になったら返納しなければならない義務であったり、その決めた年齢になるまでに適性チェックなどを頻繁に行うなどしなければ、今の現状は減らないのではないかと思います。

事故について5

高齢者の事故は多いもので、現在ではよく話題に出てくるものです。そのような事故を防ぐためには現代ではやはり運転免許の自主返納をしていく事が近道になると思います。現状を考えると高齢者は大きな事故を発生させており、命を奪う結果となっている事も珍しくありませんので重要な課題でもあります。
そもそもどうして高齢者の事故が起きやすいのか、それは判断能力や身体能力が衰えているからだと思います。実際にアクセルとブレーキの踏み間違いも多く起きており、これは判断能力が落ちており反射神経も衰えている事から事故に繋がっている事が分かります。こうした事故を未然に防ぐ方法は様々ですが、安全を第一に考えると自主返納が一番の方法です。
自動車技術を進化させる事も一つの手ではあります。自動運転にする事が出来れば良いのですが、現在の技術で完全な自動運転は難しい、そのため運転アシスト機能が搭載されています。アシスト機能だけでは事故を防ぐ事が出来ていない状態になりますのであまり効果のない対策だと考えています。
自主返納を強制したとしても、地方で生活をする方は困る場面が多いもの。自主返納が無理であれば免許の更新制度を変えていくべきです。最低でも1年に1回は厳しい試験に合格できた方のみ運転免許を更新する事が可能になれば事故件数も大きく変わります。また、どうしても免許を自主返納したくない方や免許更新に反対の意見を持つ方もいますので、高齢者が所有する自動車税を高く引き上げる、保険料を高く設定する事も一つの手ではあります。
命を奪う事故に発展してしまう事が目立っていますので、現状では自身に任せた自主返納と言った事になっていますが、今後は試験を厳しくして欲しいです。

事故について4

池袋での親子の交通事故は大変痛ましいものでした。東京都ではこの報道のせいか、免許の自主返納する人たちが千人にものぼったという報道もありました。しかし、高齢者というライン引きだけで免許を強制的に返納させる方法には、私は反対です。都会では車以外の交通手段が豊富にあるため、車が使用できずとも他の交通手段がありますが、地方では車が唯一の交通手段であり、なくては買い物すら行く事ができないというライフラインと化しているからです。
私は「地域による高齢者の免許返納義務」をまずは設定してみてはどうかと思います。まず都心部で交通網が発達している高齢者は、ある一定の年齢で免許を返納してもらう。地方の高齢者の場合は、車に代わる交通手段が出来上がるまで返納の義務はないというものです。将来的にはある一定の年齢がきた場合、車の運転の資格をなくすのが好ましいのでしょうが、生活ができないという場合は返納しなくて良いという線引きの法令を決めるのです。
もしくは、高齢者の車については非常停止などのAI機能が付属しているものでなければ販売してはいけない、という方法を法令で定めてはどうでしょうか。車の技術は近年さまざまな方面で向上しています。その中には、必ず高齢者の運転技術をカバーするものを含むべきです。物理的に運転ができないようにするという方法をとるなら、車に免許証の認識機能を付与し、一定の年齢以上の免許証が差し込まれた場合は起動しないなどの工夫があると良いかもしれません。
高齢者の輪禍は非常に痛ましく、被害者も加害者も報われることは決してありません。「車の性能で高齢者をカバーする」、もしくは「車以外の交通手段が豊富にある地域に関しては、乗車の年齢制限を設定する」という方法がとられると良いのではないかと思います。
今後の課題は、車がライフラインとなっている高齢者にどう注意喚起をするかです。タクシーチケット配布などを行ったとしても、へき地の場合呼べるタクシー自体が少なく、時間がかかってしまうというケースも聞いたことがあります。高齢者という大きな枠を設け、法令を適用し免許の返納を迫るのではなく、高齢者の生活の状況を踏まえた調査が必要でしょう。その上で運転の可・不可を判断するべきだと思います。

事故について3

私は、不便になるとの反対が大きくても、なにがなんでも、ある一定の年齢になると免許を返納する規則を作るべきだと思います。
理由は、やはり反射神経、注意力の低下です。本人は、徐々に低下していくので気づかず、自分はまだまだ大丈夫だと思っていても、実はそうじゃないんです。
日々衰えていく中で、とっさの判断ができず、誤って操作してしまうから起こる事故。
車がないと不便だから、病院へ通わないといけないから、よく聞く返納しない理由です。
分かりますが、では、人を殺すまで乗るのか?という事です。不便になるからと言って、運転をし続けるのは間違いだということを認識すべきです。

日本は高齢社会で、70歳以上の割合が人口の20%を占めています。その中で、これだけ高齢者の事故が多発しているのですから、思い切っての対応が必要だと思います。
やはりそうなると、バスの充実だと思います。バスは採算が取れず撤退する路線も多い中でどうしたら、免許返納に代わる足となれるのか。

そこはやはり、高齢者も妥協が必要だと思います。
バスの本数を限りなく絞って、利用者もそのバスの時間に合わせて行動する。
もちろん不便になることは間違いないです。
しかし、そうすることである一定の利用客は確保できますし、路線を存続させていくことができるのではないでしょうか。
バス以外にも乗り合いタクシーであったり、方法はあると思いますが、何か移動手段の代わりを提案して環境を整えて、ある一定の年齢で免許返納の規則を作るべきだと思います。

返納をなかなか強要することはできないと、言っているだけでは、今度どんどん増えてくる高齢者ドライバーの事故はますます増える一方です。
みんながそれぞれ妥協して生きていくしか、解決策はないように思います。

事故について2

最近高齢者の車の事故が本当に増えていますよね。
事故のニュースを見るたび、亡くなられた方その家族のことを思うと心が痛みます。
もしそれが自分の家族だったら…と考えるととても辛い思いです。
先日の池袋の事故でも亡くなられたのが若いお母さんとまだ小さなお子さんという事でとても心が痛みました。
高齢者による事故についてどうしたら無くなるのか。
どの高齢者の事故でも、事故を起こした当人は「自動車が勝手に動き出した、ブレーキを踏んでもきかなかった、アクセルとブレーキ踏み間違えた」など車に対することを証言しているように思います。
逆に若い運転手が起こした事故の時は「居眠りをしていた、スマホをいじっていた、前をよく見ていなかった」と証言しているように思います。
このようなことから高齢者はよそ見はしていないけど、身体の老いから車の操作を誤ったり痴呆などの影響で事故を起こすことが多いのかと思います。
なので高齢者で運転をしたい場合は、「自動ブレーキサポートが必ずついている車でなければ運転できない」または「自動運転の車のみ運転してもよい」等と変えていかなければいけないのではないかと思います。
すぐに実行に移せそうなものだと、高齢者の運転する車は1年に1回車検を通さなければいけないという決まりを作れば自動車の整備不良を事故の原因から外れるのではないかと思います。
80歳以上または75歳以上は運転を行ってはいけないという決まりを作るとすれば、それ相応の対策を考えらればいけませんよね。無料タクシーチケットを配ることや、バス代をかからなくする、宅配便を無料で届けれもらえる等思いつきますがそれをするためには税金を使って対応しなければいけなくなります。
子どもがいる私としては幼児教育無償化が成立し喜んでいましたが、他に使うべきところはたくさんあったのだろうか…とも思います。どちらにせよ、高齢者による事故に対して何か新しい法律が決まり事故が減ることを願います。

事故について考え1

高齢者の運転自体に関しては悪いとは思いません。高齢者の中にも規則を守って安全な運転をしている方を多く知っています。この問題に関しては免許返還に当たると思いますが、これは住む場所によって変わってくるかと思います。地方であればスーパーに行くにも車を使用しないと行けないところに住んでいる方は多くいます。都会の方であれば公共交通機関の発達によってそれらを利用することで買い物をすることもできると思います。地域によって免許返還に対する取り組みを作っていくことが必要であると感じています。今では高齢者ドライバーに対して免許の更新の際に認知機能の検査を実施していると聞いたことがありますが、その認知機能を受けた方も厳しく取り締まりは行われていたいと言っていたのが現実です。運転機能のチェックもされるみたいですが、免許センターの教官の先生はとなりに乗っているだけで免許を返しなさいといったことを言わないと言っていました。これでは実際に運転が危うい人でも乗っている人が多くいることになります。認知機能だけではなく運動機能の検査も厳格に行う必要があります。現在続いている事故に対しても運動機能が十分にあれば回避できた事故は多くあると思います。これに関しては教習所の先生だけでは困難な気がすると思います。そこで今は運動機能に特化した資格を持っているリハビリ職の先生方の助けを借りることができました。リハビリにおいてはドライビングシュミレーターなどの勉強もしっかりされている先生がいるので良いアドバイスをいただけていると思います。そこを取り組んでいくのは行政の問題と思いますが、これから手を借りる職種であることは間違いないと思います。